メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラごみ海洋汚染対策に「枠組み」 日本、G20で提案へ

大量のプラスチックごみが流れ着いた佐田岬半島の浜辺=愛媛県伊方町で2018年7月4日、小松雄介撮影

 安倍晋三首相は6月に大阪市で開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、プラスチックごみによる海洋汚染対策に取り組むよう各国に義務づける初の「実施枠組み」を提案し、合意を目指す方針を固めた。今月23日に世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説し、「大阪で、世界中挙げての努力が必要だという点に共通の認識を作りたい」と決意を表明する見通し。世界的に問題視されている海洋プラスチックごみ問題への対策で主導権を握りたい考えだ。

 首相は演説で「大阪でジャンプスタートを切って世界全体の行動に向かっていこう」と各国に理解と協力を呼…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 1代限り性風俗店許可 死亡隠し営業続ける 風営法違反容疑で逮捕
  3. 近畿、北陸、四国、九州で梅雨明け
  4. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです