メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR九州、博多駅ビルの拡張を検討 周辺の再開発に弾み

博多駅ビル=福岡市博多区で2016年11月29日、本社ヘリから田鍋公也撮影

 JR九州が福岡市博多区の博多駅ビル「JR博多シティ」の拡張を計画していることが判明した。現在の駅ビルの南側に、在来線ホームなどの上部を覆うように、新たなビルを建設する計画。博多駅周辺で進む再開発に弾みがつきそうだ。

 再開発のため、福岡市が主導している容積率や建物の高さ制限の緩和をにらみつつ、2019~21年度の新たな中期経営計画に開発計画を盛り込む方針。建物の概要や着工、完成時期は決まっていないが、物販や飲食などの商業施設だけでなく、市内で供給が不足している高機能オフィスも開発するとみられる。

 JR博多シティは、九州新幹線全線開業に合わせて11年3月に開業した。地上10階、地下3階で延べ床面積約20万平方メートル、高さ約60メートル。百貨店の博多阪急や、東急ハンズなどの専門店を集めたアミュプラザ博多などで構成している。17年度の入場者数は7241万人で、駅前広場は冬のイルミネーションなどのイベントで新たなにぎわいを生んだ。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 65歳以上のワクチン接種は4月以降 河野行革相が言及

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです