「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ルノーのフラン工場
ルノーのフラン工場

 日産自動車の資金を私的に流用したなどとして逮捕された前会長のカルロス・ゴーン被告。会長兼最高経営責任者(CEO)を兼務する自動車大手ルノーのお膝元、フランスでも動揺が広がる。生産現場では「コストカッター」の異名を取るゴーン被告が断行したリストラに対する強い怒りの声があふれていた。【フラン(仏北部)三沢耕平】

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1807文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集