中国「対米黒字6年で解消」 米報道、輸入1兆ドル拡大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕】米中貿易戦争の打開に向けた通商協議を巡り、米ブルームバーグ通信は18日、中国政府が2024年までの6年間で米国からの輸入を総額1兆ドル(約110兆円)超拡大し、対米黒字を解消する数値目標を提案したと報じた。一方、ロイター通信は、米側が要求する「合意の実施状況の定期的な検証」を巡って交渉が足踏み状態にあると報道。いずれも30日からワシントンで始まる閣僚級協議の焦点になりそうだ。

 ブルームバーグ通信によると、中国側は今月、北京で開かれた次官級協議で輸入拡大の数値目標を提示した。中国の18年の対米貿易黒字は3233億ドル(約35兆円)。数値目標は、中国が米国からの輸入額を18年の1551億ドルから24年には6000億ドルまで段階的に引き上げる内容という。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文742文字)

あわせて読みたい

ニュース特集