米朝首脳、2月再会談で合意 焦点は非核化の具体的な措置

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は18日、北朝鮮の金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党副委員長とホワイトハウスで会談し、2回目となる米朝首脳会談を2月下旬に開催することで合意した。詳細日程や開催地は後日明らかにするとしている。昨年6月にシンガポールで行われた初の首脳会談で合意した北朝鮮の非核化を巡り、具体的な措置で一致できるかが焦点となる。

 大統領執務室で行われたトランプ氏と金副委員長との会談は約1時間半にわたった。金副委員長は、首脳再会談を呼びかける金正恩(キムジョンウン)委員長からの親書を手渡したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文742文字)

あわせて読みたい

注目の特集