特集

ハゲタカジャーナル

ずさんな審査や手法で論文を掲載する粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」。安易に業績を得る手段として使われています。

特集一覧

粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」 京都大が投稿控えるよう呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都大が作成したハゲタカジャーナル対策のリーフレット
京都大が作成したハゲタカジャーナル対策のリーフレット

 ずさんな審査で論文をインターネットに掲載する掲載料目的の粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」が増えている問題で、京都大は17日、注意点をまとめたリーフレットを公開し、学内の研究者や学生にハゲタカ誌への投稿を控えるよう注意喚起した。毎日新聞の調査では、京大の研究者からもハゲタカ誌への投稿があった。

 毎日新聞は昨年9月、専門家の協力を得て、ハゲタカ誌とされる中国の出版社の327誌を調べ、日本からも論文5000本超の投稿があったと報じた。京大は国内の大学・研究機関で10番目に多い60本以上が掲載されていた。京大に…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

【ハゲタカジャーナル】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集