メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「国際ハゲタカ学会」横行 料金払えば審査なく参加 「業績」ではく付け

京都大が作成したハゲタカジャーナル対策のリーフレット

 ずさんな審査で論文を掲載し掲載料を得るインターネット専用の粗悪学術誌「ハゲタカジャーナル」と同様に、参加料収入が目的とみられる国際学会が国内外で開かれている。学会の体裁をとるが発表内容の事前チェックはほとんどなく、研究者は事実上、参加料を払うだけで「国際学会で発表した」というお墨付きが得られる。専門家は「ハゲタカ学会」と呼び、問題視している。

 大東文化大のジェームス・マクロスティ教授(英語教育論)は2014年、ハゲタカ学会の実態調査のため、…

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです