政府専用機、1機の一部分を青森・三沢市で展示へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3月末に退役する政府専用機=防衛省提供
3月末に退役する政府専用機=防衛省提供

 3月末に退役する政府専用機2機のうち1機について、防衛省は青森県三沢市内で展示する最終調整に入った。青森県立三沢航空科学館や航空自衛隊三沢基地などが候補地に挙がる。機体すべてではなく、天皇陛下や歴代首相らが使用した貴賓室などを取り出し、一般公開する案が有力となっている。

 現在の政府専用機は「ジャンボ」の愛称で知られる米ボーイング社の747―400型。航空自…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

あわせて読みたい

注目の特集