メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「いだてん」口笛奏者、「一発勝負で」疾走感 テーマ演奏「口笛の輪を広げたい」

口笛教室でオルゴールに合わせて生徒を指導する柴田晶子さん=福島県郡山市で2019年1月15日、笹子靖撮影

 福島郡山市のプロ口笛奏者、柴田晶子さん(36)が今年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」のオープニングテーマ曲演奏に参加している。国際大会で優勝し、国内外でコンサートや口笛教室も開いており「気軽に楽しめる口笛のファンを増やしたい」と話している。【笹子靖】

 柴田さんが口笛に本格的に取り組み始めたのは大学卒業後、東京都内の海運会社に勤めていた20代半ばごろ。口笛の国際大会で日本人が優勝したことを知って興味を持った。趣味を探していた時期で「昔から何気なく吹いていたけど、そういえば歌より口笛の方が好きでした」と振り返る。

 当時の国際大会優勝者、分山貴美子さんの口笛教室に通い始め、みんなが苦労する音域が自分には出せること…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです