特集

2022年度国公立大入試出願状況

2022年度国公立大入試出願状況(2月4日午後3時現在、文科省集計)をまとめたページです。

特集一覧

難関私立大を敬遠する傾向も センター試験

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会場の近くで試験開始を待つ受験生=福岡市西区の九州大伊都キャンパスで2019年1月19日午前8時33分、津村豊和撮影
会場の近くで試験開始を待つ受験生=福岡市西区の九州大伊都キャンパスで2019年1月19日午前8時33分、津村豊和撮影

 大学入試センター試験が19日午前、全国各地で一斉に始まり、本格的な受験シーズンが幕を開けた。ここ数年続いていた「文高理低」は私立大で落ち着く一方、人工知能(AI)活用への関心の高まりを受け、情報系学部の人気が高くなっている。また、定員管理が厳格になったことで難関私立大を敬遠する動きがあり、中堅私大の志望者が増えている。

 大手予備校・河合塾が昨年10月に実施した全国模試では、国立大は学部系統別で「社会・国際」と「法・政治」が前年と比べ1~2%増加。緩やかな文高理低が継続していたが、私立大は「文・人文」「経済・経営・商」が3~6%減少した。一方で「理」が横ばい、「工」が1%増えるなど、私立大では理系人気が盛り返している。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文644文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集