メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医学部の志望者減 不適切入試でイメージ悪化か センター試験

試験会場で開始を待つ受験生=福岡市西区の九州大伊都キャンパスで2019年1月19日午前9時11分、津村豊和撮影

 19日午前、全国各地で一斉に始まった大学入試センター試験。昨年、医学部で不適切入試が判明した大学は、医学部の志望者が減っている。女子や浪人生を不利に扱うなどしてイメージが悪化したことが影響しているとみられる。

 駿台予備学校がベネッセと昨年11月に共同実施した模試では、東京医科大の志望者が前年比27%減、順天堂大が同12%減、昭和大が同11%減――と軒並み減少。日本大は不適切入試だけでなくアメリカンフットボール部員の悪質タックル問題もあったためか、同31%減と最も減少幅が大きかった。

 追加合格者を出した大学では当初、今年の定員を削って対応するとしていたが、文部科学省が今年の定員超過…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです