「島田事件」再審無罪30年 赤堀さん「袴田元被告が心配だ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
支援者らに囲まれて笑顔を見せる赤堀政夫さん(中央)=静岡県島田市で2019年1月13日、古川幸奈撮影
支援者らに囲まれて笑顔を見せる赤堀政夫さん(中央)=静岡県島田市で2019年1月13日、古川幸奈撮影

 1954年の「島田事件」で、死刑確定後に再審無罪となった赤堀政夫さん(89)=名古屋市=が今月中旬、約3年ぶりにふるさとの静岡県島田市を訪れた。89年1月31日に静岡地裁で再審無罪判決を受け、釈放されてから今年で30年。66年に起きた「袴田事件」で死刑が確定したものの、無実を訴え再審開始を求めている袴田巌(いわお)元被告(82)を「心配だ」と気にかける様子も見せている。

 赤堀さんは1月13日、家族の墓参りなどのため島田市内を訪問。地元の支援者らと夕食を共にし、約34年ぶりに釈放された当時の思い出などを語り合った。赤堀さんは「うれしかったなあ」としみじみした表情を浮かべ、平成の30年間は「あっという間だった」と笑った。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1093文字)

あわせて読みたい

注目の特集