メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EVタクシー乗り場、いつも閑古鳥 JR大阪駅

閑散としたエコタクシー専用乗り場=大阪市北区で2018年12月27日、梅田麻衣子撮影

 JR大阪駅(大阪市北区)に8年前、全国の駅で初めてできたエコタクシーの専用乗り場が苦境に立たされている。乗り入れを認められた電気自動車(EV)のタクシーが、激減したためだ。1日40万人以上が利用する西日本最大のターミナル駅に直結する好立地だが、乗り場はいつも閑古鳥が鳴いている。運営するJR西日本は「根本的な解決策を考えなくては」と頭を抱えている。

 専用乗り場(広さ約700平方メートル)は2011年5月、リニューアルした駅北側のノースゲートビル2…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文872文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです