メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「たけくらべ」樋口一葉の直筆 2100万円で落札 極めてまれな完全原稿

2100万円の価格まで手が挙がった「たけくらべ」直筆原稿のオークション=東京都江東区で2019年1月19日午後2時11分、梅村直承撮影

 早世した作家、樋口一葉(1872~96年)の代表作「たけくらべ」の直筆原稿が19日、「毎日オークション」(東京都江東区)で競売にかけられ、2100万円で落札された。落札者は国内の男性コレクター。近代日本文学史上の傑作の完全な原稿が、公開のオークションで取引される事例は、極めてまれだ。

 午後2時過ぎ、「たけくらべ」の競売が始まり、約100人が見守った。競売人が「本日のハイライト。緊張します」と、800万円からスタート。コレクターや古典籍業者らによって瞬く間に値が上がり、1分余りで終了した。予想落札価…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです