メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットで包丁研ぎを受け付け 石川の老舗鍛冶店

ポチスパ専用の包丁ボックスを手にする「ふくべ鍛冶」4代目の干場健太朗さん=石川県能登町宇出津で2018年11月28日午後2時37分、石川将来撮影

 石川県能登町の老舗鍛冶店「ふくべ鍛冶」が、インターネットで包丁研ぎを依頼できるサービス「ポチスパ」を始めた。町のふるさと納税の返礼品にも追加され、元町職員で同店4代目の干場健太朗さん(38)は「職人の技術を古里振興にもつなげたい」と意気込む。

 ふくべ鍛冶は1908年創業。港町にあり、漁師用の万能刃物からクワやナタまで幅広く製造・販売を手掛けてきた。干場さんが店を継いだのは2015年春。先代の父・勝治さん(72)から技術を学び、各地の産地を見学して腕を磨いた。

 17年夏、店のホームページ(HP)の閲覧者の年齢や性別などを把握できる解析ソフトを使って、客層を調…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです