小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
落下したコンクリート製のひさし=大阪府松原市の市立松原南小学校で(市教育委員会提供)
落下したコンクリート製のひさし=大阪府松原市の市立松原南小学校で(市教育委員会提供)

 大阪府松原市教育委員会は18日、市立松原南小学校の北側校舎入り口にかかっていた、重さ約800キロのコンクリート製のひさし(幅210センチ、奥行き92センチ、厚さ16センチ)が落下しているのが見つかったと発表した。けが人はなく、市教委が原因を調べている。

 市教委によると、15日朝に出勤してきた校長が、ひさしが根元部分から折れて落下しているのを発見した。ひさしは高…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

ニュース特集