メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫保護シェルター新設で寄付募る 名古屋の動物愛護団体

花の木シェルターで保護されている猫=名古屋市西区で2019年1月9日午後3時54分、高井瞳撮影

 名古屋市西区の動物愛護団体「花の木シェルター」が猫のシェルター新設に向け、インターネットで運営資金600万円の寄付を募っている。大量に飼育して管理しきれなくなる「多頭飼育崩壊」に陥った飼い主から、保護を求められるケースが増えているためだ。

 飼えなくなったり捨てられたりした猫はまず、市の動物愛護センターに収容される。ただ、施設に余裕がなく、受け入れが難しいケースも少なくない。殺処分ゼロを目指す花の木シェルターは2014年から、こうした猫を保護して新たな飼い主を探している。

 しかし現在、花の木シェルターには140匹がおり、ほぼ「満員」の状態。そうした中で市が18年度に殺処…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです