特集

公文書クライシス

「国民の共有財産」と法でうたわれる公文書。国や自治体での実情を改めて掘り下げるシリーズを掲載します。

特集一覧

首相公文書「保存ルールを」 福田氏、退任後も自身で管理

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相の文書管理の意義について話す福田康夫元首相=東京都港区で、竹内紀臣撮影
首相の文書管理の意義について話す福田康夫元首相=東京都港区で、竹内紀臣撮影

 首相が退任する際に公文書を保存するルールがなく、廃棄や散逸の危険にさらされている問題について、公文書管理法の制定を主導した福田康夫元首相(82)が毎日新聞の取材に応じた。福田氏は「日本の政治、行政のトップの記録は残して当然だ」と述べ、記録を残すルール作りと首相専属の「記録担当補佐官」の創設を提言した。

 首相が省庁幹部から説明を受ける際に渡されるレク資料なども、首相の政策判断に影響を与える重要な公文書だが、退任時の保存を義務づけるルールはない。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1400文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集