メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大槌町旧庁舎、3月には整地 解体始まる

重機で解体される岩手県大槌町の旧役場庁舎=2019年1月19日午後1時25分、渡部直樹撮影

 東日本大震災の津波で当時の町長や多くの職員が犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎の本格的な解体工事が19日、始まった。工事差し止めを求めた住民訴訟で住民の訴えが17日に盛岡地裁で退けられ、町は18日に着工予定だったが、強風で延期していた。2月中に本体を解体・撤去し、3月上旬には整地まで終える。

 現場ではこの日、重機が2階建て旧庁舎の西側から壁などを壊していった。

 旧庁舎を巡っては、解体か保存かで町民の意見が分かれ、この日は町民らが工事を見守った。同町の会社員、…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです