メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古県民投票求めたハンスト終了 105時間、医師がストップ

ハンスト4日目に入った思いを語る元山仁士郎さん=沖縄県宜野湾市の市役所前で2019年1月18日午後8時47分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(2月24日)で、「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士郎代表(27)は19日夕、全県下での投票実現を求めて15日朝から宜野湾市役所前で続けていたハンガーストライキ(ハンスト)を終了した。水と塩を口にするだけで座り込んでいたが、開始から105時間が経過し、医師からストップ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. マスク補助ベルト、帯紐「水引」で鮮やかに 実用とデザイン備え 金沢

  3. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  4. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  5. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです