メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

元号やふるさと納税も出題 センター試験1日目

会場の近くで試験開始を待つ受験生=福岡市西区の九州大伊都キャンパスで2019年1月19日午前8時31分、津村豊和撮影

 19日に実施された1日目のセンター試験は近年と同じ傾向がみられ、知識力を測るだけでなく、資料の読解力を試す出題があった。5月1日に控えた改元で受験生が身近に感じる元号や、過度な返礼品が話題となったふるさと納税などに関する問題も出た。

 元号を取り扱ったのは日本史B。元号の起源や使用についての問題文を読ませ、中世の政治、経済、外交などについて問うた。湾岸戦争(1991年)などを問う設問もあった。代々木ゼミナールによると平成に起きた出来事に関する出題は初…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  5. 札幌 クラブ史上最多8発!“爆勝呼んだ”進藤ゆりかごパフォ(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです