メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風格漂う大坂、強烈サーブと安定のストロークで16強 全豪テニス

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープン第6日は19日、当地で行われ、女子シングルス3回戦で第4シードの大坂なおみ(日清食品)は第28シードの謝淑薇(台湾)に5―7、6―4、6―1で逆転勝ちし、2年連続でベスト16入りを果たした。

 1、2回戦をストレート勝ちし、昨年の全米オープンに続く4大大会2連勝へ好発進した大坂。風格すら漂い始めた21歳は、3回戦も強烈なサーブや安定したストロークを見せ、2年連続となる16強へ駒を進めた。

 同じアジア勢の謝は昨年、全豪オープンとウィンブルドン選手権で4回戦まで進んだ実力者。大坂は「彼女と…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです