メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

石破茂氏/下 「蒼ざめた馬を見よ」 権力は非情、だからこそ理解と共感が要る

議員会館の自室にある本棚の前に立つ自民党の石破茂元幹事長=東京都千代田区で、内藤絵美撮影

ロングバージョン

 仕事で難しい本を読みすぎて頭がしびれてしまった時は普通の小説を読み直したりする。渡辺淳一、三浦綾子、井上靖、山崎豊子あたりかな。朝から晩までこういう(安全保障や憲法の)本を読んでいるわけではないんです。

 五木寛之さんに触れたのは中学2年。毎日新聞に載っていた「ゴキブリの歌」というエッセーを読み、「こんな面白い文章を書く人がいるのか」と思って読むようになった。

 この作品は短編で、高校生の時に読んだ。日本の新聞記者がソ連から反体制作家の原稿を持ち出し、「蒼ざめ…

この記事は有料記事です。

残り1809文字(全文2048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです