メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋を(3) ロシアに受け入れられた演目 バレエと日本舞踊のコラボ作品

 幕が閉じた後に数秒の沈黙があったが、すぐに拍手が沸き上がった。まるで拍手そのものに命が吹き込まれたようであり、一定のリズムで途切れなく続いていく。手拍子の津波が押し寄せる中、まずは和楽を演奏し、おはやしを歌った女性6人が深々と頭を下げた。そして3人の日本とロシアの舞台芸術家が姿を現す度に、拍手の音量が上がっていった。

 1月15日。ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクでは、古典バレエと日本舞踊を掛け合わせたコラボレ…

この記事は有料記事です。

残り3254文字(全文3464文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです