連載

クトゥーゾフの窓から

2018年春から2度目のモスクワ勤務に臨んでいます。目抜き通りの一つ「クトゥーゾフ通り」に面する支局の窓を開けると、何が見えてくるのか。周辺地域ものぞき込みながら考えていきます。

連載一覧

クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋を(3) ロシアに受け入れられた演目 バレエと日本舞踊のコラボ作品

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 幕が閉じた後に数秒の沈黙があったが、すぐに拍手が沸き上がった。まるで拍手そのものに命が吹き込まれたようであり、一定のリズムで途切れなく続いていく。手拍子の津波が押し寄せる中、まずは和楽を演奏し、おはやしを歌った女性6人が深々と頭を下げた。そして3人の日本とロシアの舞台芸術家が姿を現す度に、拍手の音量が上がっていった。

 1月15日。ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクでは、古典バレエと日本舞踊を掛け合わせたコラボレーション演目「信長-Samurai-」が上演された。ツアーはサンクトペテルブルクを皮切りにして、シベリアの都市ウランウデを回り、首都モスクワで幕を閉じる。作品は織田信長の半生を巡り、斎藤道三、明智光秀や豊臣秀吉が登場して、愛憎を交えた人間模様を描いている。信長と道三の出会いや桶狭間の戦いという史実に…

この記事は有料記事です。

残り3104文字(全文3464文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集