メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
クトゥーゾフの窓から

日露の架け橋を(3) ロシアに受け入れられた演目 バレエと日本舞踊のコラボ作品

 幕が閉じた後に数秒の沈黙があったが、すぐに拍手が沸き上がった。まるで拍手そのものに命が吹き込まれたようであり、一定のリズムで途切れなく続いていく。手拍子の津波が押し寄せる中、まずは和楽を演奏し、おはやしを歌った女性6人が深々と頭を下げた。そして3人の日本とロシアの舞台芸術家が姿を現す度に、拍手の音量が上がっていった。

 1月15日。ロシア第2の都市、サンクトペテルブルクでは、古典バレエと日本舞踊を掛け合わせたコラボレ…

この記事は有料記事です。

残り3254文字(全文3464文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです