メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

六代目笑福亭松鶴の魅力を語り合った鶴瓶さんとのトーク拡大版

対談する笑福亭鶴瓶さん(左)と桂南光さん=大阪市北区で2018年12月17日、平川義之撮影

 1970年代初頭、相前後して落語家としての道を歩み始めた桂南光さんと笑福亭鶴瓶さんは、同い年ということもあり、気心の知れた仲間として交流を続けてきました。2004年からは、桂文珍さんと3人で「夢の三競演~三枚看板・大看板・金看板~」と銘打った落語会も開催しています。昨年12月、その大阪公演を前に、お二人にじっくり語り合ってもらいました。話題の中心は、鶴瓶さんの師匠であり、一門の枠を超え南光さんも「偏愛」してきた上方落語界の伝説的存在、六代目笑福亭松鶴(しょかく、1918~86)の魅力です。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4289文字(全文4546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです