メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
南光の「偏愛」コレクション

六代目笑福亭松鶴の魅力を語り合った鶴瓶さんとのトーク拡大版

対談する笑福亭鶴瓶さん(左)と桂南光さん=大阪市北区で2018年12月17日、平川義之撮影

 1970年代初頭、相前後して落語家としての道を歩み始めた桂南光さんと笑福亭鶴瓶さんは、同い年ということもあり、気心の知れた仲間として交流を続けてきました。2004年からは、桂文珍さんと3人で「夢の三競演~三枚看板・大看板・金看板~」と銘打った落語会も開催しています。昨年12月、その大阪公演を前に、お二人にじっくり語り合ってもらいました。話題の中心は、鶴瓶さんの師匠であり、一門の枠を超え南光さんも「偏愛」してきた上方落語界の伝説的存在、六代目笑福亭松鶴(しょかく、1918~86)の魅力です。【構成・山田夢留】

この記事は有料記事です。

残り4289文字(全文4546文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです