メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

情報提供:カートップ

N-BOXがバカ売れするほどホンダの苦悩も増加! 結局ダイハツ&スズキが勝ち組の軽自動車ビジネスの難しさ

2018暦年でのブランド別トップはダイハツ

 1月10日に全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が2018年12月の通称名(車名)別新車販売台数ランキングの速報値を発表した。2018年12月の販売台数が発表となったことで、2018暦年(1月〜12月)での年間販売台数も速報値ながらまとまったことになる。

 軽自動車での車名別2018暦年締め年間販売台数1位は24万1870台を販売したホンダN-BOX(スラッシュ含む)となった。2位のスズキ・スペーシアにほぼ10万台という大差をつけてのトップとなっている。N-BOXの2018暦年締めでの月販平均台数は2万台強、2位のスペーシアは1.2万台強となっている。

軽自動車

 それではブランド別での2018暦年締め販売ランキング(軽四輪総数)をみると、トップはダイハツで61万1569台、2位はスズキで58万6867台、3位はホンダで36万9531台となっている。前述したように、N-BOXは2018暦年で24万1870台を販売しているので、ホンダの軽四輪車総販売台数に占めるN-BOXの販売比率は約65%となっている。つまりホンダの軽四輪車販売はほぼN-BOXで支えられているといってもいい状況にある。

 もともと多種多様なラインアップの広さを誇るダイハツが、タントやムーヴ系などの中核車種はあるものの、N-BOXほど極端に突出して販売が偏ることなくバランス良くラインアップ各車を販売しており、2018暦年でもブランド別販売トップとなっている。

軽自動車

 スズキはここのところダイハツとのブランド別販売台数争いではなかなかダイハツに及ばずに苦い思いをすることが多かったが、2018年はジムニーのフルモデルチェンジもあり、ほかのスズキの軽自動車販売にも大きな刺激となって、ダイハツ猛追傾向が目立っている。

軽自動車

 暦年締めではダイハツが逃げ切っているが、スズキとの差は2017暦年比で半分ほどとなっているので、2018事業年度締め(2018年4月から2019年3月)でのブランド別販売台数トップ争いではさらにホットな“S&D戦争”が展開されていきそうである。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです