メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「おかえり!ミエゾウ」展

隣接記念、市新庁舎と県伊賀庁舎で 牙の化石など展示 24日から /三重

ミエゾウの牙化石の小杉標本=三重県伊賀市提供

 伊賀市と県は24日~3月11日、市新庁舎が県伊賀庁舎の隣に開庁したことを記念し、連携を深めるイベント「おかえり!ミエゾウ」を開く。ミエゾウの牙の化石や足跡化石のレプリカなどを両庁舎玄関ホールなどで展示する。2月19日には県総合博物館「MieMu(みえむ)」(津市)の大野照文・館長の講演会と学芸員の展示解説がある。【大西康裕】

 ミエゾウは約350万年~400万年前に生息し、体高約4メートル、全長約8メートルの国内で史上最大の…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです