メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新春企画展

小原さん、多彩な創作押絵細工 近江八幡 /滋賀

滋賀県の伝統的工芸品に指定されている近江八幡市の創作押絵細工などを展示する新春企画展=同市多賀町のかわらミュージアムで、蓮見新也撮影

 県の伝統的工芸品に指定されている近江八幡市の創作押絵(おしえ)細工などを展示する新春企画展が、同市多賀町のかわらミュージアムで開かれている。31日まで。

 押絵は、ちりめんや金襴(きんらん)、緞子(どんす)などの織物で厚紙を包んで厚みを持たせている。江戸時代の元禄年間に盛んになったとされる。

 展示されているのは、押絵68点、木目込み人形2点、手作りの小物30点、着物のリメーク8点の計108点で、同市在住の小原昌枝さん…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです