メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

夢の浮橋 /京都

 <活字を楽しむ>

 (谷崎潤一郎著 中公文庫、743円(税抜き))

 文豪、谷崎潤一郎(1886~1965)が1949年から約7年間暮らし、小説「夢の浮橋(うきはし)」の舞台になった場所が、京都市左京区の下鴨神社の東隣にある。数え切れないほど転居を繰り返した谷崎が、「潺湲亭(せんかんてい)」と名付け、最も気に入った場所という。

〓潺湲亭はその後、谷崎の妻・松子と縁のあった日新電機(京都市右京区)が56年に譲り受け、谷崎が新たに…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1243文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです