メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発刊

今の港、礎築いた人々 神戸・波止場町通まちづくり協の村上さん、港湾荷役の歩みまとめ書籍 /兵庫

神戸の港湾荷役の歩みをまとめた本を手にする村上和子さん=神戸市中央区で、木田智佳子撮影

はしけの暮らし、貴重な写真も

 メリケンパークのある神戸市中央区波止場町周辺の企業や団体で作る「波止場町通まちづくり協議会」が、港湾荷役の歩みをまとめた「神戸開港150周年 KOBE 近代港湾荷役の地 弁天浜・国産波止場」を発刊した。1960年代後半にコンテナ輸送が登場する前、沖合の大型船と陸地を結ぶはしけが活躍していた頃の人々の仕事や暮らしを、貴重な写真などで紹介している。【木田智佳子】

 編集・執筆したのは、同協議会の事務局メンバーで、アート作家らの交流施設「TEN×TEN神戸元町」(…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. ORICON NEWS クミコ「妻が願った最期の『七日間』」著名人26人から共感の声 大竹しのぶ、井上芳雄、谷川俊太郎ら

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです