メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さえずるボトル

BIZEN中南米美術館、備前焼で制作 古代エクアドルの酒器再現 注いだ後に傾けると「ピー」 /岡山

 備前市のBIZEN中南米美術館が、古代エクアドルの音が鳴る酒器を備前焼で制作した。「さえずるボトル」として販売予約を受け付けており、森下矢須之館長(62)は「備前焼と中南米に興味を持ってもらうきっかけになってほしい」と話す。

 日本とエクアドルが2018年に外交関係樹立100年を迎えたことを記念し、備前焼作家の森敏彰さん(36)に再現を依頼した。模したのは紀元前までさかのぼるチョレーラ文化の酒器。森下さんによると、当時の人々はトウモロコシを発酵させた酒チチャを入れ、神にささげたという。

 二つのボトルをつなぎ合わせた独特な形で一方に注ぎ口があり、一方は閉じられている。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです