メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

母と元教育長、歩んだ道(その1) 「AED使って」訴え

明日香さんを偲ぶモニュメントに座る母の桐田寿子さん(右)と桐淵博さん=さいたま市北区で2018年12月、梅村直承撮影

 前日の雨から一転して暖かい日和になった昨年の年の瀬、さいたま市北区の市立日進小学校グラウンド。体操着姿ではしゃぐ子どもたちを、看護師の桐田寿子(ひさこ)さん(48)がまぶしそうに見つめていた。傍らには、かつて市教育長を務めた桐淵博さん(65)がいた。

 校庭の一角にモニュメントがある。茶色いラクダのブロンズ像10体が、冬の陽光に映える。寿子さんの亡くなった娘が憧れたシルクロード。像は死後、しのんで造られた。「学校と裁判をしていたら修羅の道を進んでいたと思う。娘だったら、どう考えるだろう。常にそう問い続けながら生きてきました」。寿子さんがそっとつぶやいた。

 同じグラウンドで2011年9月。同小6年だった寿子さんの長女、明日香さん(当時11歳)が駅伝大会の…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文771文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです