メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ21世紀枠は帯広農、磐城、平田の3校
プラごみ

海洋汚染対策に「枠組み」 日本、G20で提案へ

 安倍晋三首相は6月に大阪市で開く主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、プラスチックごみによる海洋汚染対策に取り組むよう各国に義務づける初の「実施枠組み」を提案し、合意を目指す方針を固めた。今月23日に世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で演説し、「大阪で、世界中挙げての努力が必要だという点に共通の認識を作りたい」と決意を表明する見通し。世界的に問題視されている海洋プラスチックごみ問題への対策で主導権を握りたい考えだ。【高山祐】

 首相は演説で「大阪でジャンプスタートを切って世界全体の行動に向かっていこう」と各国に理解と協力を呼…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです