メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

拡大、不透明感も 関心のタイと英、政情読めず

TPP閣僚級会合で記念撮影に応じる安倍晋三首相と茂木敏充経済再生担当相(中央)ら各国の代表=東京都港区で2019年1月19日午後1時10分、丸山博撮影

 日本など11カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)は19日の閣僚級会合で、加盟国拡大に向けて動き出した。対米通商交渉を控える日本は、TPP拡大によって自由貿易を推進し、米国に圧力をかけたい考えだが、加盟を希望するタイなどの政治情勢には不透明さもある。【加藤明子】

 会合では、TPPの既存のルールに従うことを新規加盟の条件にすると決めた。TPPは、世界貿易機関(WTO)で整備が遅れている電子商取引分野の自由なデータの流通確保や、国家による企業秘密情報の開示強要の禁止を定めており、中国を念頭にこうしたルールを国際標準化する狙いがある。他方、市場開放については加盟希望国に高い水準を求めつつも条件とはせず、配慮を見せた。

 加盟に関心を示しているのは、タイを筆頭に英国、インドネシアなど。ただ、タイは2月とみられていた総選…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです