メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

アップル 働いたリンゴ農園から着想

創業時のアップルのロゴ

 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を世界中で販売する。一口かじられたリンゴのロゴマークで知られるが、1976年の創業当初はリンゴの木の下で科学者ニュートンが読書をするデザインだった。

 創業者のスティーブ・ジョブズ氏(2011年死去)は、社名の由来について、リンゴは果実食主義者である自身の食事の一つであり、創業前にリンゴ農園で働いた経験から思いついた、などと公認の伝記で答えている。ロゴマークは創業翌年、より親しみやすいようにと一口かじられた虹色のリンゴに変更された。そ…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです