メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

母と元教育長、歩んだ道(その2止) 手を取り合い命救う

明日香さんの思い出の品が並ぶ部屋で、最期に着ていた服を手にする母の桐田寿子さん。「何かあるとここで話しかけて、手を合わせるんです」=さいたま市北区で2018年12月、梅村直承撮影

 

 ◆突然死の娘がつないだ縁

「子ども守る」使命同じ

 8年前の9月29日。秋晴れに恵まれたその日、さいたま市北区にある市立日進小学校では、駅伝大会の練習が行われていた。参加した児童の中に、6年生の桐田明日香さん(当時11歳)がいた。

 「うち、練習頑張るね。ママ、大好きー」。朝、母の桐田寿子さん(48)に向かって投げキスをして自宅を出た。それなのに翌日、帰らぬ人となった。

 寿子さんは病院の集中治療室(ICU)で変わり果てた姿の娘と対面した。家を出た時の、はじけるような笑…

この記事は有料記事です。

残り4600文字(全文4836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです