メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

母と元教育長、歩んだ道(その2止) 手を取り合い命救う

明日香さんの思い出の品が並ぶ部屋で、最期に着ていた服を手にする母の桐田寿子さん。「何かあるとここで話しかけて、手を合わせるんです」=さいたま市北区で2018年12月、梅村直承撮影

 

 ◆突然死の娘がつないだ縁

「子ども守る」使命同じ

 8年前の9月29日。秋晴れに恵まれたその日、さいたま市北区にある市立日進小学校では、駅伝大会の練習が行われていた。参加した児童の中に、6年生の桐田明日香さん(当時11歳)がいた。

 「うち、練習頑張るね。ママ、大好きー」。朝、母の桐田寿子さん(48)に向かって投げキスをして自宅を出た。それなのに翌日、帰らぬ人となった。

 寿子さんは病院の集中治療室(ICU)で変わり果てた姿の娘と対面した。家を出た時の、はじけるような笑…

この記事は有料記事です。

残り4600文字(全文4836文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです