メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

母と元教育長、歩んだ道(その2止) 手を取り合い命救う

明日香さんの思い出の品が並ぶ部屋で、最期に着ていた服を手にする母の桐田寿子さん。「何かあるとここで話しかけて、手を合わせるんです」=さいたま市北区で2018年12月、梅村直承撮影

 

 ◆突然死の娘がつないだ縁

「子ども守る」使命同じ

 8年前の9月29日。秋晴れに恵まれたその日、さいたま市北区にある市立日進小学校では、駅伝大会の練習が行われていた。参加した児童の中に、6年生の桐田明日香さん(当時11歳)がいた。

 「うち、練習頑張るね。ママ、大好きー」。朝、母の桐田寿子さん(48)に向かって投げキスをして自宅を出た。それなのに翌日、帰らぬ人となった。

 寿子さんは病院の集中治療室(ICU)で変わり果てた姿の娘と対面した。家を出た時の、はじけるような笑…

この記事は有料記事です。

残り4600文字(全文4836文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです