メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 最年少プロ入り仲邑菫さん 手厚い本格的な碁 文裕と記念対局

 <井山杯新春囲碁フェスティバル記念対局>

 今年4月、史上最年少棋士としてデビューすることになった小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)=大阪市。2012年、3歳7カ月でアマ大会に初出場して以来、関西棋院の院生や韓国棋院の研究生にもなり、17年の韓国の全国学生囲碁大会小学生低学年部、18年のパンダネットレディース囲碁トーナメントで優勝するなど、その名と実力は内外で知られていた。

 しかし、多くの人が菫さんの碁を目の当たりにしたのは今月6日、東大阪市で打たれた井山杯新春囲碁フェス…

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです