メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
囲碁・将棋スペシャル

囲碁 最年少プロ入り仲邑菫さん 手厚い本格的な碁 文裕と記念対局

 <井山杯新春囲碁フェスティバル記念対局>

 今年4月、史上最年少棋士としてデビューすることになった小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)=大阪市。2012年、3歳7カ月でアマ大会に初出場して以来、関西棋院の院生や韓国棋院の研究生にもなり、17年の韓国の全国学生囲碁大会小学生低学年部、18年のパンダネットレディース囲碁トーナメントで優勝するなど、その名と実力は内外で知られていた。

 しかし、多くの人が菫さんの碁を目の当たりにしたのは今月6日、東大阪市で打たれた井山杯新春囲碁フェス…

この記事は有料記事です。

残り1190文字(全文1434文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです