メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『紫の雲』=M・P・シール著、南條竹則・訳

 (アトリエサード・2592円)

誇大妄想狂的な側面が臆面なく露出

 わたしたちがSFと呼んでいるジャンルは、一九二〇年代に、アメリカのパルプ雑誌から誕生した。そうした初期のSFは、科学が切り開く明るい未来を信奉する、いかにもアメリカらしい楽天的な世界観によって裏打ちされていた。それに対して、一八九五年に『タイム・マシン』を発表したH・G・ウェルズをはじめとして、イギリスの科学小説家たちはまったく独自の道を行き、大衆小説色の強いアメリカ産のSFがあたかも存在しないかのようにふるまった。独特の海洋綺談(きだん)を得意としたウィリアム・ホープ・ホジスン、ウェルズの後を継ぎ、壮大なヴィジョンの人類史を描いたオラフ・ステープルドンといった作家たちを挙げることができる。今回、帯に「幻想文学の金字塔」と謳(うた)われた代表作『紫の雲』(一九〇一年)がようやく翻訳された、M・P・シールもそうしたイギリス科学小説家の一人である。

 しかし、M・P・シールの厄介なところは、そうやってひとくくりにできない突出ぶりにある。「金字塔」と…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです