メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外メイ英首相が辞任を表明
今週の本棚

若島正・評 『紫の雲』=M・P・シール著、南條竹則・訳

 (アトリエサード・2592円)

誇大妄想狂的な側面が臆面なく露出

 わたしたちがSFと呼んでいるジャンルは、一九二〇年代に、アメリカのパルプ雑誌から誕生した。そうした初期のSFは、科学が切り開く明るい未来を信奉する、いかにもアメリカらしい楽天的な世界観によって裏打ちされていた。それに対して、一八九五年に『タイム・マシン』を発表したH・G・ウェルズをはじめとして、イギリスの科学小説家たちはまったく独自の道を行き、大衆小説色の強いアメリカ産のSFがあたかも存在しないかのようにふるまった。独特の海洋綺談(きだん)を得意としたウィリアム・ホープ・ホジスン、ウェルズの後を継ぎ、壮大なヴィジョンの人類史を描いたオラフ・ステープルドンといった作家たちを挙げることができる。今回、帯に「幻想文学の金字塔」と謳(うた)われた代表作『紫の雲』(一九〇一年)がようやく翻訳された、M・P・シールもそうしたイギリス科学小説家の一人である。

 しかし、M・P・シールの厄介なところは、そうやってひとくくりにできない突出ぶりにある。「金字塔」と…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1489文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです