メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『創られた明治、創られる明治 「明治150年」が問いかけるもの』=日本史研究会ほか編

 (岩波書店・2808円)

 終戦直後の東大総長・南原繁は、太平洋戦争勃発を知った日に「人間の常識を超え学識を超えておこれり日本世界と戦ふ」と詠んだ。

 今や太平洋の両岸は、常識を超える政治が、為政者のトップによって遂行される国となった。その国にあって歴史を知ることは無条件に重要となろう。まして、満州事変後の歴史を知ることが大事だと、節目ごとに切言(せつげん)してきた現天皇が譲位する時代に邂逅(かいこう)した国民であ…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです