メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『エリザベスの友達』 著者・村田喜代子さん

村田喜代子さん

 ◆村田喜代子(むらた・きよこ)さん

 (新潮社・1944円)

認知症の心の世界に向き合う

 今作は、認知症を患い施設で介護を受ける高齢者たちが主人公の物語だ。死期が迫る中、かつて過ごした時間とその記憶のなかで生きる姿を描く。「認知症のお年寄り一人一人の中に、心の世界が広がっている。忘れられない時間や記憶があるんです」

 物語に登場するのは、施設入所者や家族、介護士ら。主人公の一人、97歳の初音は穏やかな生活を送るが、…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです