メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『「影の総理」と呼ばれた男 野中広務 権力闘争の論理』=菊池正史・著

 (講談社現代新書・950円)

 京都府の園部町議から小渕内閣の官房長官にまで上り詰めた野中広務氏は、毀誉褒貶(きよほうへん)半ばする複雑な政治家だった。かつて担当記者だった著者による本書は、単なる評伝にとどまらず、「複雑性」の背景をたどりながら時代の底流をえぐり出そうとする同時代論だ。

 戦争の悲しみを知る野中氏には、戦前の権力者が理念を振りかざし、国民を統制し、その結果、300万人の命の…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです