メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『日米安保体制史』=吉次公介・著

 (岩波新書・929円)

 いかに生まれ、なぜ70年近く持続しているのか。どう変容してきたのか。本書は戦後長く日本の政治・外交の基軸である日米安全保障体制の歴史を描くものだ。

 日米安全保障条約はもともと、「(日本の)独立を暫定的に保護」するためのものだった。冷戦下は日本外交の基軸として存在感を増した。冷戦後はアメリカの世界戦略の中で変容し自衛隊の対米協力が拡大されてゆく。こうした…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです