メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア津波

原因の山体崩壊、東京ドーム200杯 東大地震研解析

噴煙を上げる火山島「アナククラカタウ」=インドネシアのスンダ海峡で2018年12月23日、AP

 インドネシア・スンダ海峡の火山島アナククラカタウが昨年12月に噴火して引き起こした津波で、噴火による山体崩壊で崩落した土砂が0・21~0・26立方キロに上るとの解析結果を、東京大地震研究所の前野深(ふかし)准教授がまとめた。東京ドーム約200杯分に相当する量で、国土地理院などによると、この結果、島は半分近くが消失し、標高も3分の1程度になった。

 被害を受けたジャワ島の潮位計で観測された津波の記録などから、崩れた量を推定した。噴火に伴い、山の部…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです