メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学入試

センター試験始まる 元号、ふるさと納税出題も

大学入試センター試験の会場に向かう受験生=東京都文京区の東京大学で19日午前、竹内紀臣撮影

 大学入試センター試験は19日、全国693会場で始まり、地理歴史・公民、国語、外国語の試験があった。大学入試センターの同日午後7時までの集計によると、交通機関や英語のリスニング試験のトラブルなどにより6会場で104人の開始時間を最大2時間42分繰り下げた。また、正規の時間が確保されなかったなどで4会場の45人を再試験の対象とする。20日は理科と数学が実施される。(16~24面に主な問題と正答)

 志願者数は前年比1・0%減の57万6830人で、高校などを今春卒業予定の現役生が46万4950人(…

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1454文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです