メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリー学芸賞

浪花節の戦中戦後 北九州市立大・真鍋教授の著作が受賞

 <日曜カルチャー>

 北九州市立大の真鍋昌賢教授(49)=大衆文化論=が著した『浪花節 流動する語り芸~演者と聴衆の近代』(せりか書房)が、今年度のサントリー学芸賞芸術・文学部門を受賞した。明治時代からテレビが普及する昭和30年代まで、全盛の人気を誇った浪花節(浪曲)。それぞれの時代を代表する演者は、社会や聴衆とどう向き合ったのか。論文や書き下ろしに加筆してまとめた初の単著で「浪曲をよく知らない世代にも手にとってもらえたらうれしい」と話す。

 <浪花節(浪曲)は「鵺(ぬえ)」のようである>

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです