メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刊行

元軍船発見、過程描く 琉球大・池田教授 水中考古学の入門書にも

 <日曜カルチャー>

 長崎県松浦市の鷹島沖の海底で見つかった、鎌倉時代の蒙古襲来(元寇(げんこう))で沈没した元軍船の船体。その発見までの試行錯誤の過程をつづった『海底に眠る蒙古襲来 水中考古学の挑戦』(池田栄史(よしふみ)著、吉川弘文館)が刊行された。著者は調査を担当した琉球大教授。音波探査や海底での発掘、現地での遺物保存の方法と課題を紹介しており、水中考古学の格好の入門書にもなっている。

 水中遺跡発掘の難しさは、そもそもどこに遺跡があるかの見極めにある。著者と松浦市の共同研究チームは2…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文686文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです