メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅するカモメ

ボーダーツーリズム ハバロフスク ソ連時代も外国人に開放

ハバロフスク中心部の公園からは広大なアムール川が一望できる。遠くの山並みは中国領。

 ロシア極東のハバロフスク市は中国との国境を西から流れるアムール川が南からのウスリー川と合流して北に向きを変える右岸の丘に広がっています。川から見上げる丘には帝政時代に将校会館だった極東美術館やソ連時代に建設された放送局、ソ連崩壊後に再建されたウスペンスキー聖堂などが連なっています。他方、その丘から見える対岸の山並みは中国領です。

 ソ連時代の1971年に私が初めて訪れたハバロフスクは軍人たちであふれており、川には近づかないように…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです