メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「これでは客室の浴室・トイレに入れない」都バリアフリー条例改正案、障害者団体が見直し訴え

東京都が示した改正バリアフリー条例の素案の基準でホテルの客室を再現し、実証実験する野口俊彦さん=東京都千代田区で2019年1月5日午前11時18分、成田有佳撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック開催を控え、東京都が示した改正バリアフリー条例の素案に対し、見直しを求める声が上がっている。全国に先駆け、ホテルの一般客室をバリアフリー化する内容だが、示された基準では一部の車いすが浴室やトイレに入れなくなるからだ。都は実験をせず、机上の検討で基準を決めたといい、障害者団体はバリアフリー促進を歓迎しつつも「誰でも使えるようにしてほしい」と訴えている。

 都が改正するのは「建築物バリアフリー条例」。東京大会や高齢化社会で車いす利用者が増えることから、新…

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1108文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです