メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島が初優勝、東北勢でも初制覇 全国都道府県男子駅伝

 第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間、48キロのコースであり、福島が2時間19分43秒で初優勝した。東北勢としても初制覇。

 福島は6区までトップの群馬に25秒差をつけられたが、アンカーの相沢晃(東洋大)が区間賞の力走で逆転した。前回5位の群馬が過去最高の2位、前々回覇者の長野が3位に入った。(スタート時の気象=晴れ、気温14.8度、湿度48.7%、東南東の風0.7メートル)

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 最長政権 /4 正念場の領土、拉致

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです