メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

降格圏のカーディフが前線補強…ハリル指揮のナントからサラを獲得

情報提供:サッカーキング

カーディフ・シティへの移籍が決まったサラ [写真]=Cardiff City FC/Getty Images
 カーディフ・シティが、ナントからアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラを完全移籍で獲得した。両クラブが19日に発表している。契約期間は2022年6月30日までの3年半。移籍金は非公表だが、カーディフ・シティのクラブ史上最高額とされている。

 移籍が決まり、サラはカーディフ・シティのクラブ公式HPでコメントを発表。プレミアリーグ挑戦へ、胸を躍らせている。

「ここに来れて本当に幸せだ。大きな喜びを与えてくれるし、トレーニングが始まってみんなと顔を合わせ、仕事に取り掛かるのが待ちきれないよ。(クラブ史上最高額での移籍は)特別な感情さ。チームメイト、そしてクラブを手助けしたくてここに来た。仕事を始めるのが待ちきれないし、僕にできる全てのことをする」

 現在28歳のサラはボルドーの下部組織出身で、これまではボルドーやカーンなどでプレーしてきた。ナントには2015-16シーズンから所属。2016-17シーズンからは3シーズン連続でリーグ戦2桁得点をマークしており、今シーズンは途中就任のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下でプレーし、リーグ・アンで19試合出場12得点とゴールを量産していた。

 カーディフ・シティはここまでプレミアリーグ23試合を消化し、5勝4分け14敗の勝ち点「19」で降格圏の18位に沈んでいる。得点数はリーグで2番目に少ない「19」。サラには得点力不足解消の切り札として期待が掛かる。



【関連記事】
●「最後は我々が生き残る」…フルアムのラニエリ監督がプレミア残留に自信
●欧州4大リーグ前半戦終了…昨季から勝ち点を伸ばした/落としたクラブは?
●「半端ないって」だけじゃない! 2018年、サッカー界の流行語は?
●板倉滉はどうなる? マンCからレンタル移籍した選手たちの現況を紹介
●南野拓実やマルシャルら…サッカー界注目の“年男選手”たち30選

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです